容量2GB!アクセス解析&動画ファイルも可能な無料ブログ。アフィリエイト完全対応。
  最新画像一覧   /    おもしろブログが満載! シャッフル ブログ  /     無料登録  

ツーリングまっぷ作成のススメ(その3)

  1. 2013/05/15(水) 23:37:13|
  2. パソコン|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
〜ツーリングリーダーに贈る、ツーリングまっぷ作成のすゝめ〜

さて、ここまでで作成した地図は、自分で利用する分には十分ですが、ツーリングメンバと共有するにはちょっと敷居がありますね。
実際にみんなで使う場合には、加工して紙地図にするといいと思います。

■必要なもの
・文書編集ソフト(例:MicrosoftWord)
・画像編集ソフト(例:PhotoScape ※無料)

■その3:作成したマップを加工して印刷物にする(応用編)

(1)「マイマップ」→「〜への運転ルート」選択で、ルート説明を表示してコピー。

(2)MicrosoftWordで新規文書を作成し、貼り付けます。
 ※ Wordだと貼り付け時の見栄えが良いですが、標準ソフトの「ワードバット」等でも問題なし。
 ※ この時、余分な行の削除、「出発」「到着」項目などわかりやすくしましょう。

(3)地図の印刷ボタンで表示される画面で、対象区間の全体地図、または注意が必要なポイントを表示させ、「Alt+PrintScreen」で画面イメージを控えて、画像編集ソフトに貼り付けます。

(4)画像ソフトの「トリミング」を利用して地図の絵だけ抜き出し、「メニュー」から「クリップボードにコピー」にて控えます。
 ※ この際、普通にファイルに保存するのもありです。

(5)先ほどの文書に画像を貼り付けて、体裁を整えます。コレの繰り返しで、必要な区間の地図一覧を作りましょう。

(6)地図の最後などに、地図のURLや、URLをQRコードにしたものを載せておくと、スマホで見たい人も簡単に観覧できます。
 ※ QRコードの作成は、Google検索で「QRコード作成」など調べると沢山出てきます。(例 http://www.cman.jp/QRcode/)

(7)作成した文書をプリンタで印刷し、コンビニのコピー機で必要な分複写してくばれば、きっと迷子の出ないツーリングが出来る・・・はず?

以上、皆様!
良いバイクライフをお過ごしください☆

ツーリングまっぷ作成のススメ(その2)

  1. 2013/05/15(水) 00:51:47|
  2. パソコン|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
〜ツーリングリーダーに贈る、ツーリングまっぷ作成のすゝめ〜

先ほどの立ち寄りポイント一覧と、本章のルート作成を利用すれば、ツーリングプラン検討時のルート作成が結構手軽にできます。
最近はもっぱら、興味のある場所、道をバーっと登録して、それを眺めながらいい通り道を考えるプランニングしてます。オススメ☆

■その2:立ち寄りポイント一覧からルートマップを作成する

(1)作成した「マイマップ」から「ルート・乗り換え案内」→「車」を選ぶ。
※ポイント一覧の画面が切り替わってしまった場合は、「マイプレイス」から選択し直しましょう。

(2)地点を選択してから名称を経由地にコピペ。「車」の経路検索では「目的地を追加」にてどんどん足していけます。一通り入れたら「検索」。
※先述の通り、作成ポイントは経度緯度情報を貼り付け。

(3)標準経路で線が引かれます。

(4)経路を確認して、違う道を通りたかったらドラッグ&ドロップで変更できます。
※マウスを合わせると「ドラッグしてルートを変更」と説明表示されます。

(5)経路修正が終わったら、ルート説明の一番下にある「マイマップに保存」→マイマップ選択→「保存」で記録します。

これで地図は完成です。次回からマイマップを選ぶと、地点とルートの両方が表示されます。
(6)人への案内などには、印刷マークの隣の「リンク」→「短縮URL」で表示されるアドレスを使いましょう。

ツーリングまっぷ作成のススメ(その1)

  1. 2013/05/15(水) 00:50:53|
  2. パソコン|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
〜ツーリングリーダーに贈る、ツーリングまっぷ作成のすゝめ〜

さてはて、先日のアンコウ鍋ツーリング日記で軽く触れていた、ルートマップ作製のノウハウ。
週末のツーリング地図作成を得て、紙資料まで落とし込めたので、お披露目しておきます。

いろいろ工夫は入っているけど、個人的にはかなりお手軽になったと思うので、お気に召した方はやってみてください☆

■この地図のメリット
・URLから、PC、Android、iPhone等で観覧可能。その時はもちろんGPSで現在地と同期できる☆
・地図+現在地表記を利用すれば、ライダー好みの走りたい道ナビ完成☆
 ※ 常時表示させるアプリとバッテリー対策は必要。
・案内が必要なら、登録しておいた経由地ポイントを指定して、ナビの画面にすぐ入れる☆
 ※ この時はリルートが入るので、希望通りの道にはなりません

■必要なもの
Googleアカウント(〜@gmail.comなど)

■その1:「マイマップ」で立ち寄りポイント一覧を作る

(1)Googleマップを開きます。
https://maps.google.co.jp/


(2)「マイプレイス」→「マイマップ」→「地図を作成」

(3)「タイトル」を入れて、「プライバシー」を二択から選んで「完了」で作成。
「一般公開」:検索で引っかかるオープンな地図
「限定公開 (URL で共有) 」:検索には出てこないURLで伝える地図

(4)地図の器ができたら後は場所を検索しては登録していきます。
検索で場所を表示させて、「保存」→「マイマップ選択」→「保存」

(5)検索で出てこない立ち寄りポイントは、地図を「右クリック」→「この場所について」選択でできる緑の印を「保存」しましょう。
※ポイント名が「35.491826, 138.605254」等の経度緯度になるので、気に入らなかったらマイマップを開いてポイントの名前を変更しましょう。
(その際、後述のルート用ポイント選択では「+35° 29' 30.57", +138° 36' 18.91"」等の説明表記を使って検索かけます)


(6)立ち寄りポイントマップ完成

PCパフォーマンスチューニング

  1. 2012/08/18(土) 15:21:40|
  2. パソコン|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
最近PC起動時の立ち上がりが遅くて
ログインした後に操作が利くまで時間がかかる状態に。

パフォーマンスモニタ上、処理負荷はかかってないから
どうやらディスクアクセスがボトルネックになっている様子。

Windows8のベータ版も出ている現代で
WindowsXPを頑張らせるのもそろそろ酷かななどと思いつつ
先日メモリ増設したゆとり分でメモリディスクにチャレンジしてみました。

通常、メモリ4GB搭載してるけどOSの仕様で3.2GBまでしか認識できない。
そんなにメモリ使ってないから無視してましたが
今回はこの消えている領域を活用できるらしい。

検索して見つけたこの二つのサイトを参考にしました。

Gavotte Ramdisk まとめWIKI

Gavotte Ramdisk インストール 設定方法 使い方

 
ディスクができてから、ベンチマークソフトで速度みて(早!)
環境変数のTEMPをメモリディスクに変更。IEの一時ファイルもね。
OSのページングファイル設定見直そうと思ってから
物理メモリで充分だろって考えにいたり、ページングファイル無効化。
仕上げにOSのディスクをデフラグかけてスッキリさせる。


さて、結果は。

十分な速度向上を実感できました。
ログイン後の操作待ち時間が、3分程→1分以内に。
うむ、上出来。

なんだかWindows7購入のきっかけを逃した気がしますが
我が家のWindowsXPはもうちょっと長生きしそうです。
これからもよろしく!

DTIブログって?