容量2GB!アクセス解析&動画ファイルも可能な無料ブログ。アフィリエイト完全対応。
  最新画像一覧   /    おもしろブログが満載! シャッフル ブログ  /     無料登録  

ちょっとカフェでも

  1. 2011/11/28(月) 00:42:39|
  2. バイク|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
バイカーズカフェ クラブビックワン

四街道ICそばにあるこの店で
TV取材のイベントが有るとかで
バイカー集合のフラグが立っていた。

なんかバイク集まりそうで面白いんじゃね?
って気分に押されて
賛同してくれた同士と現地集合で襲撃。

店の中は女子組で華やかだったり、駐車場含め賑やかムード。
まー、やぼったい我々はお外で立ち話ですが。(笑)

 
※お店側も撮ればよかったかな?

オムさんのオパらいす食べたけど
うまうま☆

※詳細はメニュー参照のこと
http://www.club-bigone.tv/~motoharbor/cafe/menu/index2.htm

適当にくつろいで、雲行きが怪しくなってきたので退散。
満足満足☆



全然違う話だけど、
行きの高速でちょっとポルシェを追っかける機会がありました。

車につっかえて、その車が避けてからの再加速。
完全にパワーバンドに入れて加速してるのに
やっとの事でくっついてるくらいの感覚。

ポルシェはえ〜、600Fパワーねー
なんて事を実感しました。(笑)

まーでも、前日の首都高といいなんというか
バイクが思い通り走るようになってからの一体感が
もの凄く良い感じ。

極端な表現をすると
GSX-R1100 → ドラゴンに乗ってる感じ。
ZX-9R → ペガサスに乗ってる感じ。
CBR-600F → パワードスーツ着て飛んでる感じ。
とか?

コラ、そこ。笑うな(笑)

スライダー装備&パワーチェック

  1. 2011/11/24(木) 01:00:38|
  2. CBR600F|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
とりあえず
寝かして走ってなんぼの600F、という勝手な理由付けをベースに
スリップダウンしてフレームやっちゃったらマズイよねぇ
ってことでエンジンスライダーを入れました。

モリワキ SKID PAD
http://www.moriwaki.co.jp/product/sp.php?maker=HONDA&model=CBR600F4/F4i

 

まあ、カウルに穴あけ加工が必要だったのでだいぶ決心が要りましたが
立ちゴケ一つとってもダメージ軽減につながるかなと。
※実はわずかに間に合わず、巻き込まれ転倒1回発生してエンジンカバーに擦り傷ついてますが軽傷なのでよしとします(笑)


さてはて、走行距離も1500km行ったことだし
能力値を把握しておいたほうが色々となんかいい気がする。
とか適当な理由をつけて、ACIDMでのパワーチェックをお願いしました。



結果はこんな感じ。
うーん、もうちょっと出てもいいかなぁなんて思ってたけど
ぼちぼちでしょうか。

さて、このパワー。
しっかり活かしていい走りしたいものですね☆

伊豆スカ→改め→道志みちツーリング

  1. 2011/11/22(火) 02:28:33|
  2. バイク|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
天気予報みたら
明日なんか晴れだぞ(@ロ@!ってことで
急遽伊豆スカイラインに行きたくなり決行。

予定より寝るのが遅くなったけど
根性で日が昇る前に目を覚まし
そそくさと出陣します。



なんか東名高速ゲート直後で
悲しいことになっている車がありましたが
バトル張り切りすぎたんでしょうかね?
視力不足を感じて眼鏡装備しながらパシャリ。



順調に走り、第一目的地のmbMOTO(※)へ。
ほっと一息&おにぎり頬張りながら、ヤル気満々のバイクやら車やらを鑑賞。
NSXとか普通に走っていくんね。



ウェット路面の箱根ターンパイクを駆け抜けて
伊豆スカイラインへと向かうものの、
入り口ゲートは白い闇に閉ざされてました。
こりゃどうにもならんなって事で退散。



進路を道志みちへと向け、山中湖方面へ向かっていると
広大なススキの草原を発見。間の道を人がたくさん歩いてましたが壮観。
※後から知ったけど、仙石原ってスポットらしい。



山を超えると、晴天の中に雄大な富士山が☆



給油と軽く自分の腹ごしらえの後、目的の道志みちへ。
眩しいくらいの日が登り、路面も完全なドライ。
CBRと一体になってワインディングを堪能。
なんだか少し、こいつの乗り方がわかってきた、かも。



所変わってバニービーチ。
道志を抜けて高速にのり、調布ICから一般道走ったんだけど
本日一番の疲労感。じゅーたいはー嫌いだ〜・・・。



くったくたの体にエネルギー注入。
肉食ったよ〜っとバターしょうが焼きをゲット♪



デザートはマロンパフェ。秋っすね!!

のんびりくつろいでいたら
大きな雨雲がやってきて、軽く雨を降らせて去って行きました。
なんか地元の空が真っ暗だよ(@、@;


そうそうバイクの話。

ふと思い出しクラッチレバーの調整をかけました。
すげー先っぽに半クラがあって
ハンドル切った状態で半クラ切るのが至難の業
とかだったんだけど、甘ったれるなオレ!っと頑張ること1500km
無理なものはムリ(@△@

クラッチ直したらギア操作が超快適に☆
スタートダッシュが楽だー!
ギアチェンジ後の接続がイメージ通りだぁ〜
ブリッピングシフトダウンも許容範囲〜
って事で劇的改善。

心なしパワーが上がったような気も・・
なんて思ったら信号スタートで通った横断歩道で
リアタイヤがきゅるきゅる言ってましたよ。びびるて。

本日までの平均燃費が15km/lを下回ってるんだが
これで改善してくれたりしないだろうか
などとほのかな期待を抱いておく。

うーん、ますます600Fが面白くなってきたぜい♪

※「mbMOTO」 http://mbmoto.jp/

HONDA CBR600F(2004 model)impression

  1. 2011/11/03(木) 01:41:40|
  2. バイク|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1
★インプレッション★

さて、とうとうやってきたミドルクラス。
前回の話が流れてから4年強、
念願のその車体の真価はいかに!?

数日乗車、400km弱走行のレビューを一つ。


・車体

  

乗車した瞬間から感じる軽量感。
9Rでも十分軽いと思っていたが(その前は200kg超え車両)
いやいや、こんなにも軽いものだとは。

自宅駐車場に段差があって
9Rではエンジンかけて押し上げていたんだけど
600Fでは人力だけで上がれるようになりました。
軽いって凄い。

・ポジション

ツーリングラインナップという体裁通り
形は前傾姿勢だけどゆったり姿勢。
そこそこ楽ちんで長時間の走行にも耐えられそうな印象。

気になったのはタンク周りのフィット感。
ニーグリップの収まりが悪く、
ハングオンでも下半身の固定が効かない。これは要対処。

・旋回性能

今のバイクってこんなに曲がるの?
なんて程に思い通りに曲ってくれる。

9Rも十分曲がる車体だと思ってたけど
600Fはそれにゆとりを足したような
そんな安心感。

でも、旋回中に思わずアクセル開けたくなって
調子に乗って吹っ飛ばないようにしないとね。

・パワー

前の車両からスペックにして40PS近いDown。
不足感は否めないと思っていたけど
いやはや意外と頑張ってくれます。

低中速でのパワーがうまく出ている性か
普通に走っているレベルであれば十分なパワー感。
2千回転から普通に使えるなんて
購入前は予想もしてなかった驚き。

ただし、本気で加速したいなら
その力は1万回転以上まで引っ張って行かないと引き出せない。
中途半端な回転数では、さすがにダルな印象。

確かにパワーは落ちたけど
無駄に扱わずしっかりと使いきれば
十二分な加速と楽しみを与えてくれるはず☆


・その他

クラッチはデフォルトか?
基本操作が指先の範囲で完結していて
二本指での操作ができる。

逆にまるごと掴んでいたら遠すぎて疲労。
楽だけどそんなに先っぽでリリース時に戻り切ってるのか不安。
(まあ、ギア抜けないから大丈夫なんだろうけど・・)

マフラーはAKRAPOVICのスリップオンが搭載済み。
アイドリング音は大人しいけど、回せばしっかり轟いてくれます。

・タイヤ

これは余談だけど、今回久々に前後別タイヤ。
まー練習用には気にしないかなっと許容したんだけど
やっぱりリアのツーリングタイヤは食いついてる気がしないねぇ。

でもまあ、フロントが残ってリアが乱れる分には
多少なんとかなるので、早めの限界値リミッターとして機能しそうです。

さて、今回履いているタイヤは課題があるとかないとか。
マークを消し込めるか否か、象とのせめぎあいらしいですよ♪

<皮むき前>
 

<皮むき後>
 

★CBR600F 主要諸元★

最高出力 (PS/rpm)_______108 / 12,500
最大トルク (kgm/rpm)______6.4 / 10,000
乾燥重量 (kg)_____________171
燃料タンク容量 (L)___________18.0
シート高(mm)_____________810
変速機形式___________6速リターン
 ※1速トップ110km/h、2速トップ155km/h(曖昧)
使用タイヤ(Front)________METZELER Sportec M1
使用タイヤ(Rear )________METZELER Roadtec Z6

★ZX-9R 主要諸元 (比較参考)★

最高出力 (PS/rpm)_______143 / 11,000
最大トルク (kgm/rpm)______10.3 / 9000
乾燥重量 (kg)_____________183
燃料タンク容量 (L)___________19.0
シート高(mm)_____________810
変速機形式___________6速リターン
 ※1速トップ110km/h、2速トップ145km/h(曖昧)
使用タイヤ___________PIRELLI DIABLO STRADA

DTIブログって?