容量2GB!アクセス解析&動画ファイルも可能な無料ブログ。アフィリエイト完全対応。
  最新画像一覧   /    おもしろブログが満載! シャッフル ブログ  /     無料登録  

人様のCBR600RR('07)試乗レポ

  1. 2013/05/29(水) 00:57:04|
  2. バイク|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
今回、友人のCBR600RR(2007年式逆輸入車)を体験させてもらえたので、その時の感想レポを一つ。

# 車両イメージ

とは言え今回、車両の取り扱いに今一つ慣れないオーナーさんに対し、
「ちょっとそれ、車両に問題あんじゃない?」から始まった試乗会なので、
この後ケチョンケチョンに書くことをあらかじめご了承頂きたい。(笑)
 ※ もちろん独断と偏見でお送りしますので、内容の責任は負いません。

■きっかけ

友人のぎこちない走りを見て、
「なんであんなにぎこちないんだろう?」っと、ふとよぎった事に始まる。

友人のステータス情報に触れておくと
・日頃から人一倍走ってる
・直線番長と字名が付くぐらい良い開けっぷり根性持ってる
・車両も1年以上乗ってる
・中型乗ってた時は結構イケテタ
以上、ここまで考えて、
「やっぱつじつま合わない!」っと思ったわけだ。
 ※ やばい、調子にのって自分の首を絞めている気がする・・(笑)

先日別の機会に、サスセッティングを一部推奨(※1)にして様子を見ていたんだけど、
リアの感触が良くなった程度で走りの改善には至ってない様子。
 ※1:リアイニシャルのみ工具がなくソフト維持し、その他は「梨本圭 エッジで走れ!!」内の峠セッティング(サーキット用セットよりしなやか)に調整。

それでもやっぱり、実走してみないと現状見えないと思い、試乗をおねだりしたら、
快く大切な愛車を貸してくれたので、奥多摩周遊道路でのテスト走行となりました。

■いい加減、走りの話に

さて、慎重に走り出してすぐ、ハンドルの切れ込みに驚く。
こんなに切れ込んだらオーバーステアじゃない?っとか思ったけど、速度が乗れば安定。
「電子制御式ステアリングダンパー」はしっかり仕事しているようですね。

2、3速と上げて、回転域ごとのパワー感を確かめながら、許容範囲であることを確認。(いきなり飛んだら大参事ですから・・。)
ブレーキの感触を確かめてから、コーナーに入ろうとして違和感。

「あれ?エンブレ弱い?」

ああ、3速入ってたからなっと、1速まで落としてコーナーに入ってみる。パワー感はギクシャクしない範囲であり、程よい。

「!!!」

スロットルOFFでエンブレによる減速感が帰ってこない。
→ フロントサス沈めて旋回かけられない。
慌ててブレーキングで補正してラインを維持する。

表現するのめんどくさいのでリンク貼るとこれとか、これみたいな印象。共に問題なのか否かわからない記事だけど、CBR600RRってこういう特性?

まーしゃーない。これならこれでブレーキングでメリハリしっかりつけて、フロントサス沈ませていかないとコーナー侵入怖いなと改めて、さらに違和感に気づく。

「フロントサスしずまねぇ(@@;」

元からフロントブレーキのファーストタッチが弱いので、少し奥まで握って初めてしっかりとした制動がかかる。が、そのしっかりとした制動のかかり始めて、まだフロントサスが沈もうとしない。
→ サスが沈み始めないから、ブレーキ強くかけられない。
(急制動は、フロントサスいったん沈ませてからかけないとね!)

とりあえず、どこまでブレーキかけたらフロント沈みこむか見つけた後、なんとかリズム作って走る。
自分の600Fではエンブレできっかけ作って入るコーナーも、しっかりブレーキングしてから侵入する事で、とりあえずまともに走行。

っと、やっているうちにバンク角が深くなりそうな自分に気づいて、
「友人以上にタイヤサイド使ったら怒られる!」っと我に返って、リーンインでのバイクを立たせた走行に切り替える。

ふむふむ、やっぱこの車両でこの周遊道路だと、1速メインでの走行が妥当かなっと感触がつかめてきたあたりで、コーナー立ち上がりの加速で、リアタイヤの空転を感じる。あれ?

・自分の600Fではまず滑らない加速感
・車体は結構起きてたはず
・場所は森→ゲート行った復路で、タイヤも多少温まってる?
・タイヤはMETZELER Sportec M3、1年半経過

うーん、滑る意味がわかんない。まいっか(笑)
そんなこんなで、走行終了。

戻って一言。
「ダメだねこりゃ。乗ってて怖い」

■フロント調整

とりあえずその場で工具がなかったので、移動後改めて調整作業。
まーこの辺は勝手な塩梅で(笑)標準値だったフロントイニシャルを2回転ソフトに振ってみた。して、試乗。

「おお!」っと驚くほどに突如フロントサスが言うことを聞き始める。
ブレーキが制動を発揮する中ほどまで握るとサクッとフロントが沈み、その辺でぐりぐり捻りを入れてみると、しっかりと追従してくれる。

信号スタートでのフル加速と、急制動をテストして、違和感がないことを確認しオーナーに戻す。
「これなら周遊で攻め込む気になれるお(@ロ@ノ」

友人走りに行ったと思ったら、タイヤの端っこ数センチ更新して帰ってきた。

「いきなりかよ!(笑)」

後日の走行でも、車両のフィーリングは良好なようで、めでたしめでたし。

まー、いろいろ気になった事はあったけど、とりあえず気持ちよく乗れてればよし!って事で☆

バイクって奥が深いですねぇ〜
※ 基本的にはノーマルセッティングで、それほど乗りづらい事はないはずです。今回は原因不明ですが異例なはず・・多分。

皆様、良いバイクライフを!

梨本塾 2013年 第5戦(速メモ)

  1. 2013/05/27(月) 00:05:03|
  2. 梨本塾|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
程よい曇り空の下、
トミンモーターランドで開かれた梨本塾第5戦に参加してきました。


■本日の収穫!
・Cクラス入り成功
 ※ 参加人員都合(笑)
・ホームストレートのノンクラッチシフトアップ化、好成果。
・K−RUNスタートダッシュ成功&何とか入賞☆
・ベストラップ更新!全盛期越え!30秒の壁突破!

AM中は全くポジションがはまらず乗れてなかったんだけど、
K−RUNまでになんとか取り繕えました。

今日でロッソコルサ使い終えるつもりだったけど、
塾長にも「タイヤ終わりかけだから気を付けて」っと言われたりと、タイヤ限界ですね。

 
#フロントタイヤ3分残、リア1分残り?

日常も考慮して次もROSSO CORSA検討してたんだけど、
塾長から「DIABLO SUPERCORSA」履いてもいんじゃない?っとのお言葉。
細かく確認したかったんだけど、現行だと対象は「DIABLO SUPERCORSA SP」かな?
楽しそうだけど、やっぱりお財布にやさしくないなぁ〜(笑)

GW走行+α

  1. 2013/05/25(土) 11:20:06|
  2. ツーリング|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
つらつらと思い出記録☆

■DAY-01,DAY-02
最近すっかりぶらり旅してない!風任せしてない!
って事でふらりと静岡までかっとび。相変わらずのルーズさで昼出発。

# 駿河湾沼津SAにて一息。気まぐれな雨雲にちょいと降られてレイン装備なり。


# 新東名高速の島田金谷ICで降りたら国道473号を北上。SLと出会う♪


# もうちょっといくと「塩郷の吊り橋」があります


# 県道63号で天竜に向かう途中に出会った、民家の山藤。「撮るならこっち入っていいわよ、今年も綺麗に咲いたのよ♪」っと畑をいじりながら声をかけてくれたあばあちゃん、サンクス☆

天竜でライダーズカフェ「the Wish」(本日休業)を通過して、浜松駅周辺のビジネスホテルで一泊。

# 祭りの前夜祭で神輿が出てました

翌日は国道362号から天竜スーパー林道経由で国道152号へ。
※林道入り口見つけるの大変だった・・

# ゼロ磁場のパワースポット「分杭峠」

ひたすら、ひたすら峠道を走り続けると・・


# 長野は諏訪IC付近に抜けます。

ビーナスラインに寄っていく、時間も体力も残っていなかったので、そのまま帰路へ。
双葉SAによったら、近くで花火が上がってました(@o@
いいフィナーレ☆すべての車両を抜き去って帰宅。

■DAY-03
ツーリングイベントに参加。

# 20台近い大所帯で、秩父→ぶどう峠→クリスタルライン→奥多摩の峠三昧♪

S1000でのガチ峠デビューでしたが、意外ということ利くもので、低速ワインディングをストップ&ゴーでリズミカルに走れました。
一応先頭集団についていけたので満足!
(グループに満足せずに、先頭について行かないと〜って言われちゃいましたが、そのうち頑張ります(笑))

■DAY-04
奥多摩朝練のお誘いを受けて、S1000奥多摩周遊デビュー。
まー、前日の酒がなかなか抜けなくて昼前からの参加でしたが・・。
(あげく道間違えて、気づいたら秩父に向かってた ← アポ)

皆のサスセッティングいじってみたり、スゲー楽しかった♪
ってか、周遊の路面が走りやすすぎてびっくりしました。
車両+タイヤ+道のマッチングがバッチリだったのか、コーナー入口で向き替え終わってて、後ご自由にスロットル開けてください、みたいな(笑)

でも・・、
路肩で綺麗なDucati乗りさんが、ミラーひん曲がってどよーんとしてたり、
SS乗りがミニパトの隣でどよーんとしてたり、
それぞれの不幸と戦ってました。
みんな!ガンバ!!


以上、走り過ぎて両腕湿布まみれだったGWの思い出でした。
さーて、次どこいこ(@、@

梨本塾 2013年 第4戦

  1. 2013/05/21(火) 00:54:54|
  2. 梨本塾|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
4月末、梨本塾第4戦、ゴル耐に参戦してきました☆
本家のレポも掲載されたので、ちと振り返り。

第3戦は?って鋭い突っ込みはまずないと思いますが、
あれは・・スタートから数周で「もう帰りたい」って思うほど乗れてなかったので心の奥にしまいこみます。

レース前の前走者転倒に腰が引けたのか、
前日一般道ツーリング走り過ぎたのかよく分からんけど、
今回は万全のモチベーションで挑んできましたよ!


# お天気ピーカンぽっかぽか♪今日は最高のコンディション

# 気温も20度近く、路面温度も30度越え。

■フリー走行
今年初めてのベストコンディション。
恐怖の無い路面に、気兼ねなく体を預けての走行。気持ちいい!!
じっくりと体をほぐして一本目終了。

BestTime 32.165秒(最高速106.8km/h)

■フリー走行
ちょこちょこ前に詰まりながら走行。
うーん、なんか上達してる感じがしないなぁ・・なんて考えてたら、ふと坦々と周回を重ねている自分に気づく。

そうだ、練習にしなきゃ!
っと我に返って、イメージ&アプローチ走行へとシフト。うむ、上々♪

BestTime 31.387秒(最高速105.5km/h)  自己ベスト更新!

■タイムアタック
調子はいい、そろそろCクラス入りも目指したい。いざ!
っと挑むもなかなかクリアラップが取れない。
パドック入りしてタイミング練り直すも赤旗中段に水を差されて、今一つ煮え切らない形で終了。

とは言いつつも、かろうじてラスト二周でベスト近辺をたたき出し、
Dクラスのフロントロー、3番グリッドを得る。(Cクラスの壁は厚かった・・)

BestTime 31.319秒(最高速103.3km/h) → 公式31.469秒

■K−RUN−GP(ゴル耐)
復帰後初のグリッドスタート。
フロントローに並んでしまったがゆえに悩む。

●案1
クラスのタイム差は僅差。前に出てしまえばかなりのアドバンテージになる。
CBR250Rの五十嵐さんには、タイムアタックで1秒近くの差をつけられており、
一度前に出られたら振り切られる可能性も高い。
ここは先行逃げ切りを目指すか?

●案2
正直、先行逃げ切りは不慣れでリズムを作れない可能性が高い。
なんとか維持できたとしても終盤まで集中力を維持できず、最後まくられてしまう可能性は高い・・。
できれば2位あたりにつけて、終盤スパートで決めたい。
(ただし、失敗して3,4位まで落ち込むと、取り返すの大変・・)

そんな頭の整理がつかないまま・・

# ブリーフィング

# スタートフラッグ!!

# お?

# おお?

# おっしゃ!?トップ浮上!

って訳で前に出ちゃったらしゃーない、もう走るっきゃない!

# 逃げる!(@ロ@;

# 追われる!(>w<;

# 詰まる!(@w@;

なんてことをやりながら、ひたすら逃げます。
でもね、追う相手がいない先行って非常に苦手なんですよ。
今回も左コーナーからの立ち上がりで、昔の転倒シーンが思い出されたりして、ビビリミッター前回作動でした。
アドレナリンに常に消火剤突っ込んで、冷静を装いながらの走行です。

バックマーカーに詰まったりで後続とのアドバンテージは皆無。
こりゃ最後バシバシ仕掛けられちゃうかな・・

# とか、

# 思ってたら!?

# やられた!!(>o<

でもなんか、抜かれて悔しいけど、追いかける相手が出来て嬉しいぞ!(笑)
っとスイッチオン☆
いくどー!!

# うわ〜周回遅れはさんじゃった・・

# 今捕まえっから!

# もうチョイで行くから!ってもう最終LAPジャン!!

# うおぉ〜!

# りゃぁぁ・・・・

っとまあ、力及ばず2着でのフラッグ。

# ああ・・俺のキャンギャルとの記念撮影が去ってゆく・・

くやし〜っけど、混戦乱戦ちょー面白かったです。
最終ラップの本気追走でタイムも更新!
表彰式では2位なりにキャンギャル撮影をゲットし(笑)、ジャンケン大会で景品も貰えて大満足!

いや〜、来月も頑張ろう!
観覧ありがとうございました!

BestLap 30.719秒(最高速109.4km/h) ゴル耐最終LAP

〜完〜

写真提供:梨本塾 http://kei74moto.client.jp/

ツーリングまっぷ作成のススメ(その3)

  1. 2013/05/15(水) 23:37:13|
  2. パソコン|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
〜ツーリングリーダーに贈る、ツーリングまっぷ作成のすゝめ〜

さて、ここまでで作成した地図は、自分で利用する分には十分ですが、ツーリングメンバと共有するにはちょっと敷居がありますね。
実際にみんなで使う場合には、加工して紙地図にするといいと思います。

■必要なもの
・文書編集ソフト(例:MicrosoftWord)
・画像編集ソフト(例:PhotoScape ※無料)

■その3:作成したマップを加工して印刷物にする(応用編)

(1)「マイマップ」→「〜への運転ルート」選択で、ルート説明を表示してコピー。

(2)MicrosoftWordで新規文書を作成し、貼り付けます。
 ※ Wordだと貼り付け時の見栄えが良いですが、標準ソフトの「ワードバット」等でも問題なし。
 ※ この時、余分な行の削除、「出発」「到着」項目などわかりやすくしましょう。

(3)地図の印刷ボタンで表示される画面で、対象区間の全体地図、または注意が必要なポイントを表示させ、「Alt+PrintScreen」で画面イメージを控えて、画像編集ソフトに貼り付けます。

(4)画像ソフトの「トリミング」を利用して地図の絵だけ抜き出し、「メニュー」から「クリップボードにコピー」にて控えます。
 ※ この際、普通にファイルに保存するのもありです。

(5)先ほどの文書に画像を貼り付けて、体裁を整えます。コレの繰り返しで、必要な区間の地図一覧を作りましょう。

(6)地図の最後などに、地図のURLや、URLをQRコードにしたものを載せておくと、スマホで見たい人も簡単に観覧できます。
 ※ QRコードの作成は、Google検索で「QRコード作成」など調べると沢山出てきます。(例 http://www.cman.jp/QRcode/)

(7)作成した文書をプリンタで印刷し、コンビニのコピー機で必要な分複写してくばれば、きっと迷子の出ないツーリングが出来る・・・はず?

以上、皆様!
良いバイクライフをお過ごしください☆

DTIブログって?

次のページ